Labelo

物流業界初の荷物に対する非定型AI-OCRサービス

Labeloは、高精度のAI-OCR~納入・出荷時における情報登録~サプライチェーンにおける管理までを一気通貫で行う、最新のOCR商品管理システムです。

物流部門のDX担当者の皆様、こんな経験はございませんか?

  • OCR機能付きのハンディを導入したが、読み取り位置を指定しなければならない上、読み間違いが発生するため、作業がかえって大変になった。

  • トレーサビリティのために商品の個別管理を行いたいが、入荷時の登録作業が大変で進められていない。

  • 基幹システムを導入したが、入荷時の商品登録でのラベル発行が大変なため利用できていない。

その課題、Labeloで解決できます!

  • 登録したい商品をハンディで撮影するだけで、高精度AI-OCRが自動で読み取り位置を特定&商品登録が可能です。

  • カメラ撮影による商品登録&Micro QRコードによる商品管理で、簡単に商品の個別管理が可能です。

  • 独自のラベル発行方法&基幹システムとの連携により、実運用に即した手軽なラベル発行が可能です。

Labeloの機能

Labeloは、箱、袋などの立体物に対する非定型AI-OCRを高い精度で遂行するための機能を有しています。

主な対象物品

通常の段ボールや缶に限らず、表面が凸凹しがちな塑性のある紙袋、曲面にラベル等が張り付けてあるドラム缶・瓶にも対応可能です。
また、荷物だけでなく、同一のシステムで請求書・領収書

段ボール

紙袋

ドラム缶

ポリタンク

メリット

  • 商品入荷・出荷作業にかける時間と人員を最小化

  • 入荷・出荷作業におけるダブルチェックにより、ミスのリスクを低減